オーガニックとは科学的に合成された肥料及び農薬の使用を避け、自然循環機能の維持増進を図ることによって自然に配慮した土作りをし、人間の体に安全な食料生産を目指す栽培法のことです。そのためオーガニックの農産物はより地域環境や安全性に配慮した農産物ということができます。


農水省が制定し、平成14年度より施行されました。以来、食品業者は、有機JAS法の認定基準をクリアしていない限り、自社製品に「有機」「オーガニック」などを表示することが出来なくなりました。認定基準をクリアするためには、有機登録認定機関の認証を受けなければなりません。有機JASに合格した食品には、有機JASマークが貼付されます。この有機JASマークが付されたものでなければ、「オーガニックマカ」「有機マカ」等の表示をすることはできません。
詳しくは、有機JASマークをご覧ください。なぜ、有機JAS認定が必要なのか?


厳しい基準をクリアし、厳格な審査によって認められた食品だけに表示が許される「有機JASマーク」。このマークがついている食品は、化学肥料と農薬を原則として使用していない農産物です。 有機JASマークは、有機(オーガニック)食品の適切な表示をしているものである目印となります。

 

有機マカ100%粉末(オーガニックマカ100%)
「有機JASマーク」付 商品拡大画像はこちら

1袋 12,000円
内容量 1.000g
原材料 有機マカ
賞味期限 2年







有機マカは南米ペルー・ボンボン高原の4000メートル以上の高地で栽培された良質な有機マカだけを100%使用しました。添加物は一切使用しない製法で有機マカの品質を追求した純粋な100%マカパウダーです。より良く吸収されるように高圧・適温加熱加工がなされている吸収力に優れたマカです。農林水産省規格に基づく有機JAS認定(有機JASマーク付)商品ですので、安心してお召し上がりいただけます。

 

滋養食品総合研究所 埼玉県さいたま市浦和区常盤10丁目 2-3-405
TEL048-767-2433 FAX048-766-9065 営業時間11:00〜17:00 (土・日祭日休)
Copyright(C) 2006 jskg All rights reserved 画像、文書等の無断転載を禁じます。